實川絢子 Ayako Jitsukawa

 

執筆・英日翻訳

東京都出身。東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 表象文化論分野修士課程およびロンドン・シティ大学大学院 文化政策研究科修士課程修了。

 

2007年よりロンドンに在住。現地のマーケティングエージェンシーに勤務する傍ら、英日翻訳、および舞台芸術関連の執筆を行う。幼少時からの 14年間のクラシックバレエ経験、そして大学院でのニジンスキーをはじめとするバレエ・リュス関連の研究を活かし、おもにダンス作品解説、レビューなどを 手がける。主な寄稿先は、新国立劇場発行情報誌「THE ATRE」、NBS日本舞台芸術振興会NBS NEWS、ダンス専門ウェブサイトDANCING X DANCING等。

 

翻訳においては、原文のコンセプトを維持しながら、読む人を惹きつける日本語にする柔軟性が多くのクライアントに支持され、これまでにグローバル・ブランド の日本市場向け広告キャッチコピー、ウェブサイト、マーケティングコピーのほか、世界200都市ガイドや、文化・アート関連の記事、イベント紹介記事等の コンテンツの英日翻訳を数多く手がけてきた。

 

 

Writing about dance, Translation & Transcreation

(English <>Japanese)

Born in Tokyo, Japan, Ayako spent most of her pre-teen and teenage years dancing ballet. Her passion in dance was transformed into writing, and she obtained M.A. in Interdisciplinary Cultural Studies, The University of Tokyo, by writing a thesis about Nijinsky's dance score. She moved to London in 2007 and obtained M.A. in Cultural Policy and Management, City University London.

 

She regularly writes about dance, which appears on official theatre magazines and websites.

 

Her other passion is transcreation, which is creative translation more relevant/appealing to the target market. She has translated many headlines and marketing copy for various brands.